2019.03.01

花粉症さんも安心の換気システム

こんにちは。 3月に入り、少しずつ春の足音が近づいてきました。
みなさんの中には、ポカポカ陽気を待ちわびている反面、「春が憂鬱…」とあの季節の到来に戦々恐々としている方もいるのではないでしょうか。

そう、あの季節とは「花粉症」。
今や日本人の3~4人に1人が花粉症に悩んでいて、「国民病」と言われるほどなんです。

この時期、目はショボショボ、鼻はグズグズ、外出時は大きなマスクが欠かせない…、という方も少なくないのでは。 そんな毎日でも、せめて家の中では花粉の存在を忘れて快適に過ごしたいですよね。

花粉の嫌な季節

換気と花粉症との関係

スモリの家にお住まいの方の中には、「家にいると驚くほど症状が出ない!」と感じている方も多いようです。
それは一体なぜでしょう。

理由は、「気密性の高さと独自の換気システム」。
気密性の高い構造であれば、当然、花粉を含む外気も入りにくくなりますよね。
では、花粉症に強い換気システムとはどういうものでしょうか。

  • 第三種換気(自然給気/機械排気)第三種換気
    (自然給気/機械排気)
  • 第一種換気(機械給排気)第一種換気
    (機械給排気)

住宅の換気システムには、第一種換気と第三種換気という、大きく2つのタイプがあります。
第三種換気とは、各部屋の通気口から自然に外気を取り込み、排気にのみ機械を使用するシステムのこと。
コストの面などから、現在は多くの住宅がこの第三種換気を採用しています。

第三種換気システムの吸気口▲第三種換気の給気口

一方の第一種換気とは、給気・排気ともに機械で行うもの。
スモリの家は、安定的で確実な給排気ができるこの第一種換気システムを採用し、外気を取り入れる給気口には高性能フィルターを搭載しているんです。

この高性能フィルターが、アレルギーの原因になる微小な粒子もしっかりカット。
花粉なら99%、PM2.5も98%除去してくれます!

kafun-04

まだまだある、花粉症に強いスモリの家のヒミツ

第一種換気、高性能フィルターに加え、スモリの家ではプラズマイオン発生機でアレル物質を不活性化しているので、家中の空気がとってもキレイ。

さらにさらに、独自の技術による壁内換気で、部屋の汚れた空気を壁の中から排出。 室内と壁の中のダブル換気によって、クリーンな空気を保っています。

空気は目に見えないだけに、キレイさを実感するのは難しいところ。
でも、花粉症の時期には、スモリの家のこだわりがきっとおわかりいただけると思います!